マッチング後の基本のメッセージの流れ

まずはメッセージのおおまかな流れをご説明します!(詳しい具体例はこちら

慣れるまではとにかくこの順番にそってメッセージを進めていきましょう。

① マッチング後 10~15 通(6 往復程度)でご飯に誘う

要注意なのが10~15往復ではありません!10~15通です!

つまり6往復~7往復程度でご飯に誘ってください。

とにかく知らない人とのメッセージというのはお互いに疲れます。

ダラダラと長くメッセージを続けても良いことはないので、サクッと誘っちゃいましょう。

相手の女性も恋人探しの為にマッチングアプリをしているのであれば断れることはほぼないです。

ご飯に誘うときの自然な流れが難しい場合は、

「話全然変わるんですが、もしよかったら今度ご飯行きましょ!」

というストレートな提案でOKです。(もちろん前にやりとりしていた内容に対する返信もしてくださいね)

無理に自然な流れで誘おうとすると、ズルズルとメッセ―ジ数だけ増えていきます。

② OK の返事が来たら、日程決め

可能であれば先に日程を決めて下さい。日程は早い者勝ちです!

③ お店選び

お店を選んで、相手に伝えましょう!

もちろんサプライズで伝えないという手もあるのですが、女性はお店によって服装を変えたいという方も多いので、できるだけ伝えましょう。

④ LINE 交換

LINE交換は必須。(断られたらしょうがないです)

マッチングアプリ上でいつまでもやりとりを続けていると、あなたとやりとりをするたびにアプリを開くので、他の男性が目に入ってしまいます。

また、LINEを交換している方がドタキャンなどの確率も下がります。

⑤ 交換後 3 日以内にタメ語の打診

相手が年下、または同い年の場合は、なるべくデートの日までにタメ語で話せる間柄になっておきましょう!

打診の仕方はこんな感じがオススメです。

年下→「てかもしよかったらお互いタメ語にしませんか?僕もそっちの方が楽なので(笑顔の絵文字)」

同い年→「てか同い年ですし、タメ語にしましょ!!」

年上の人の場合は、タメ語の打診というのは非常識だと思われるので、こちらからはやめておきましょう。

⑥ 実際のデートまで最低でも 1 日 1 通の LINE

デートが決まったからといって、いきなりLINEのやりとりを終わらせるのはNG。

あんなにメッセージが弾んでたのは、「会う約束を取り付けるためであって、私に興味があったわけではないんだな」とガッカリさせてしまいます。

また、デートまでにだんだんと相手への気持ちが薄まってしまう危険性もあるため、しっかりデート当日までやりとりを続けましょう。

⑦ デート当日も連絡を忘れずに

もちろんデート当日も必ず連絡をとりましょう!

「今日楽しみ✨」

「気を付けてきてね!」

「〇〇着いたら教えて!」

などこまめに連絡を取り合いましょう。

直前で不信感を抱かせると、女性は「やっぱり会うのやめておこうかな・・・」となってしまうので・・・!

最後まで気を抜かずに!

Copyright© 恋愛コンサルタント、りすこの恋愛教室 , 2021 All Rights Reserved.