「守り」に入るの、そろそろ辞めません?

「守り」に入るの、そろそろ辞めません?

こんばんは、りすこです。

今日は「いい人」→「モテる人」になるマインド改革講座、最終日です。

前回までの動画を見ていない方は、ぜひそちらを先に見てみてくださいね!

昨日は、相手をドキッとさせる

この視点を持って行動する事で、モテるようになるという話をしました。

ですが、ドキッとさせると言われても・・・

一体どんな風にすればいいのか、まだ落とし込めていない人も多分いますよね。

なので今日はもう少しヒントを出していくので、より皆さんの理解を深めてもらえれば嬉しいです。

まず、ドキッとさせる

これをもっとかみ砕いて言うと「攻めの姿勢をとる」ということです。

攻めの姿勢をとることで、女性をドキッとさせられる。

その結果、別人級にモテるようになるんです。

これが今日のイチバン伝えたいポイントです。

ドキッとさせる=攻めの姿勢をとる

まず、人をドキッとさせようと思ったら、「守り」ではなく「攻め」が必要そうなのは、何とな~く検討がつくと思います。

もっと明確にイメージしていただくために、こういうシーンを想像してみてください。

あなたの会社に急遽20代の女性が入ってきました。

お昼に軽くお話したとして、女性にどちらのセリフを言われたらドキッとしますか??

女性「●●さんって、仕事早いですよね。尊敬します。」

女性「●●さんって、仕事早くてかっこいいです・・・!」

多分、後者のセリフにドキッとする方が多いと思います。

これ、実は後者が「攻め」の姿勢なんですよ。

だって

「かっこいい」なんて言ったら、

「え?俺のことそういう目で見てんの?キモ」

と思われるかもしれない。

全く照れず、スルーされたらどうしよ、そうなったらめっちゃ気まずい。

そんなリスクも脳裏によぎります。

でも、リスクがあること承知で、より相手の心を動かせそうな

「●●さんって、仕事早くてかっこいいです・・・!」

というセリフを言っているんです。

案の定、こっちのセリフの方が圧倒的にモテます。

つまり、相手をドキッとさせようと思ったら

「リスクのある事」を選択する、そういう攻めの姿勢が必要になってくるんです。

守りに入る、これが1番のリスク

逆に、無難すぎる会話をしたり、減点を避けるような言い回しをしたり、失礼じゃないかな?と過度に考えたり、こういう「守り」の姿勢を貫いていると、絶対に人をドキッとはさせられません

これまで皆さんは親、学校、職場などで

「失礼がないように」

そう教わってきたと思います。

真面目な方ほど、今もそれをちゃんと守っていらっしゃると思います。

でも、残念なことにそれでは「人の心」は動かせないんです・・・。

だからモテずに「いい人」止まりになってしまうんです。

あとは、これもよくあるあるなんですが、一見「相手の事を思いやっている」ように見えて実は「自分が傷つかないために」保守に入ってしまっている方も多いと思います。

もちろん拒絶されたら嫌だし、傷つくのが怖いから守りに入ってしまう気持ちも、私自身すごくわかります。

でも、相手に矢印が向いているのではなく、自分に矢印が向いてしまっている。

これは残念ながら、女性にバレちゃいます。

「勇気がないんだな」

「度胸がないな」

「女々しいな」

そんな風に思われちゃうんです。

そう思われたら絶対モテないじゃないですか!

実は「守りに入る」という行為こそ、一番のリスクなんです!!

なので、攻める、攻めまくる、この姿勢こそが人をドキッとさせて、モテる人になる秘訣なんです。

実際に、攻めモードに入った途端、速攻で彼女ができたコンサルメンバーさんがいるので、ちょっと共有しますね。

攻めモードに入った瞬間、即彼女ができたAさん

Aさんは彼女いない歴=年齢でした。

マッチングアプリで7人と会い、これまでに3回目のデートに行けた事もあったのですが、告白しても「Aくんの事まだよくわからない・・・」と言われ振られたり。

「じゃあなんで3回目のデートまで来たんだよ!」

というような事が何回かあったようでした。

Aさんと話しているうちにわかったのが、もともとAさんは合理的な性格。

色んな事を、そつなく飄々とこなしていく人で、無理なものは早めに諦めたい、そういった保守的なタイプでした。

だからこそ、その淡々としたスタンス、攻めない姿勢があだとなって、ギリギリ3回目に行けているだけ、回数こなした割にはイマイチ心の距離が縮まっていなくて、いい人止まり。

そんな状態なのでドキドキさせられず、女性から強烈に「付き合いたい!」とは思われていませんでした。

でも、私のコンサルを受けてから「攻めの姿勢」を意識して

  • 「身だしなみ整える程度」ではなく、「お洒落」な外見作り
  • 女性をドキドキさせるちょっと攻めた返し
  • 告白の時に女性が求めているセリフ

を実行したところ、

なんと・・・

コンサル開始1ヶ月で、人生初の彼女ができたんです!

彼女いない歴=年齢だった男性が、ですよ!!

これ、早すぎてめちゃくちゃ嘘っぽいんですが、本当の話です。

いつもいつも「いい人止まり」になって時間もお金も労力も無駄にしてしまっていた彼が、攻めの姿勢をとって、女性をドキドキさせるようになった瞬間、見違えるようにモテるようになったんです。

たった1ヶ月で人生が変わっちゃうんです。

すごい事だと思いません??

もちろん、これもこの男性だから、ではありません。

さすがに「誰でも1ヶ月で」とまでは言いませんが、攻めの姿勢をとって、女性が心の底で求めている「刺激」「ドキドキ」ここを重点的に今の自分にプラスしていくだけで、いい人止まりを脱却して、モテるようになることができるんです。

なので、彼女がほしいのに一向にできないと悩んでいる方。

マッチングアプリからのデートもそうですし、例えそうじゃなくても。

今日からは「守り」に入るのを辞めて「攻め」の姿勢をとる。

ドキっとさせる行為をして、相手に恋愛感情を抱かせる

これをぜひ、意識してみてください!

今回のSさんやAさんの話を聞いて「俺もいい人止まり脱却したいな」「コンサル気になるな」って方もいらっしゃると思います。

実際、今回の講座中コンサルのリクエストもたくさん来ています。

凄くありがたいですし、気持ち的には全員にコンサルを受けて欲しいんですが、コンサルはほぼマンツーマンで、手厚いサポート内容にしているので、できる人数に限りがあるのが現実です。

なので、今回、そういった少人数制ではない、より沢山の方に提供できる形の「りすLABO」というオンライン講座を作りました!

オンライン講座「りすLABO」とは

マッチングアプリでモテる男性になり、大好きな彼女を作ることを目指す講座です。

講座のなかでは、いい人止まりを脱却し、マッチングアプリでモテる為に

  • プロフィール
  • メッセージ
  • デートプラン決め
  • デートでの会話
  • 2回目、3回目以降のデート

それぞれのフェーズで、具体的にどんな事をどうやればいいのか?

これを1つずつお伝えしていきます!

これまでこの動画でお伝えしたSさん、Aさんはほんの一例で、たくさんの方が、いい人止まりを脱却することで、人生を変えてます

彼女ができれば毎日の生活が楽しくなるのはもちろんですし、今後の長い人生で考えても、毎回毎回恋愛で躓く、という事が少なくなって、今までよりも断然人生がイージーになります。

恋愛のスキルってほんと一生ものですからね。

これから、マッチングアプリで彼女を作りたい!今後の人生にも活かせるモテるスキルを学びたい、という方はぜひ、明日のりすLABO案内を見逃さず受け取ってくださいね!

Copyright© 恋愛コンサルタント、りすこの恋愛教室 , 2022 All Rights Reserved.